体系日本語文法

村田美穂子 著

日本語教育の経験を理論化し新たに構築した日本語文法の世界。日本語を日本人の態度表明の体系と位置づける「村田文法」の真髄。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「見えるもの」「変わらないもの」
  • 第1部 基本の整理(主語:第一の呪縛を解く
  • 品詞:第二の呪縛を解く
  • 小さい単位
  • 大きい単位
  • テンス:第三の呪縛を解く)
  • 第2部 品詞(詞の顔ぶれ
  • 辞の顔ぶれ)
  • 第3部 ことがら(ことがらの素材
  • ことがらの部材)
  • 第4部 態度表明(予告や確認
  • 責任範囲
  • 問いと答え
  • 確実性
  • 見解や判断
  • 評価
  • 距離感)
  • 日本語らしさの正体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 体系日本語文法
著作者等 村田 美穂子
書名ヨミ タイケイ ニホンゴ ブンポウ
出版元 すずさわ書店
刊行年月 2008.7
ページ数 325p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7954-0261-4
NCID BA86880240
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21534592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想