怖い腹痛 : 内視鏡でみる日本人の胃と腸

神保勝一 著

おなかの痛みは、いろんな病気のサイン。軽くみるのは大間違い、早い対応が大正解。おなかの部位ごとに、見過ごしてはならない重大なポイントを集約し、痛みとその場所によって、どんな病気が考えられるか、懇切に説明する。胃腸内視鏡の専門家として蓄積した多数のデータから、日本人の消化器がどうなっているのかを見せる。内視鏡が一番威力を発揮するのは「がん発見」である。がん予防への道筋も描いている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 消化器の仕組みとはたらき
  • 第2章 はらいたを起こす病気
  • 第3章 腹痛の場所とメカニズム
  • 第4章 腹痛の診断
  • 第5章 ほんとうに怖いはらいた(急性腹症)
  • 第6章 腹痛のさまざまな症状
  • 第7章 高齢者、女性、小児のはらいた
  • 第8章 知っておきたい腹痛の手当て
  • 第9章 がんとはらいた
  • 第10章 大腸がんとはらいた

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 怖い腹痛 : 内視鏡でみる日本人の胃と腸
著作者等 神保 勝一
書名ヨミ コワイ フクツウ : ナイシキョウ デ ミル ニホンジン ノ イ ト チョウ
シリーズ名 朝日新書
出版元 朝日新聞
刊行年月 2008.8
ページ数 263p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273228-6
NCID BA86866873
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21473711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想