信ずる宗教、感ずる宗教

山折哲雄 著

日本人にとっての信仰とは、唯一の神を信ずるのか、それとも人間を超えるものの気配を感ずるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 まんだら宗教学(空に「ゼロ」のイメージ
  • 縁起の論理
  • 無我説と心浄化説 ほか)
  • 2 日本人の信仰心(宗教生活のすすめ
  • 西行、道元、良寛の桜に込めた光景
  • 古典に学ぶ日本人の信仰心 ほか)
  • 3 宗教つれづれ(神も悪魔も我にあり
  • 鎌倉仏教は宗教改革か?
  • 「近代史観」崩壊の危機 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信ずる宗教、感ずる宗教
著作者等 山折 哲雄
書名ヨミ シンズル シュウキョウ カンズル シュウキョウ
書名別名 Shinzuru shukyo kanzuru shukyo
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.7
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-003966-9
NCID BA8685830X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21479974
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想