最強師団の宿命

保阪正康 著

二〇三高地、ノモンハン、ガダルカナル、アッツ・キスカ…精鋭ゆえに常に最激戦地に投入された旭川第七師団の奮戦をモデルケースに、軍中央の場当たりな作戦指導、情報・補給の軽視、指導部と現場の齟齬など昭和陸軍の"失敗の本質"、日本型組織の致命的欠陥を具体例で検証。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • "軍都"旭川を訪ねて
  • 旭川帰還が一転、ガダルカナル島へ-一木支隊壊滅
  • 対米戦に反対した旭川出身の"空の軍神"加藤達夫
  • 旭川"北京"構想から生まれた第七師団
  • 二〇三高地を駆け登った第七師団兵士
  • 旭川第七師団ゆかりの文学者たち
  • ある屯田兵家族の物語
  • シベリア出兵と第七師団
  • 尼港事件と北樺太保障占領
  • 海軍航空隊黎明期の至宝、赤石久吉の人生〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最強師団の宿命
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ サイキョウ シダン ノ シュクメイ
書名別名 Saikyo shidan no shukumei
シリーズ名 昭和史の大河を往く 第5集
出版元 毎日新聞社
刊行年月 2008.7
ページ数 288p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-620-31887-5
NCID BA86853408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21468287
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想