大衆音楽史 : ジャズ、ロックからヒップ・ホップまで

森正人 著

日本にも多大な影響を与えてきた欧米のポピュラー・ミュージック。さまざまな場所で作曲・演奏され、受け入れられてきたその全ての事象を網羅することは困難だが、大きな流れというものは存在する。本書は、人間の移動と文化接触がアメリカとヨーロッパにどんな音楽的変化をもたらしたかという視点から、ジャズ、ブルース、ロック、レゲエ、パンク、ヒップ・ホップを中心に音楽史を編もうという試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ポピュラー・ミュージックの登場
  • 第2章 黒人音楽-ジャズとブルース
  • 第3章 ロックンロールと若者文化
  • 第4章 パンク・ロックの抵抗
  • 第5章 レゲエ
  • 第6章 モータウンとヒップ・ホップ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大衆音楽史 : ジャズ、ロックからヒップ・ホップまで
著作者等 森 正人
書名ヨミ タイシュウ オンガクシ : ジャズ ロック カラ ヒップ ホップ マデ
書名別名 Taishu ongakushi
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.8
ページ数 276p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101962-2
NCID BA86847041
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21494367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想