肺の生活習慣病(COPD) : 咳、痰、息切れを疑う

木田厚瑞 著

咳や痰が出れば風邪のせい、息切れが起これば年のせい-と、私たちは軽く考えがちだ。しかしその陰に肺の生活習慣病(COPD)が潜んでいるかもしれない。医師にも十分には知られていないこの病気の患者数は糖尿病を上回る数百万人と言われる。正しい治療を受けなければ治癒は遅れ、医療費もかさみ、生活の質の低下は免れない。社会的損失もまた大きい。知られざる疾患とどう向き合うか。診断と治療、予防法を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サインは咳と痰、息切れ
  • 第2章 芽吹く肺、たそがれの肺
  • 第3章 暴走する炎症
  • 第4章 どこを診るのか、どう治すのか
  • 第5章 社会がつくる病気、COPD
  • 第6章 期待される直角人生へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肺の生活習慣病(COPD) : 咳、痰、息切れを疑う
著作者等 木田 厚瑞
書名ヨミ ハイ ノ セイカツ シュウカンビョウ COPD : セキ タン イキギレ オ ウタガウ
書名別名 Hai no seikatsu shukanbyo COPD
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.8
ページ数 234p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101960-8
NCID BA86846479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21494364
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想