韓国現代史 : 大統領たちの栄光と蹉跌

木村幹 著

一九四八年、日本の植民地から米国の占領を経て、建国した大韓民国。六〇年の間に、独裁国家から民主国家、途上国から先進国へと大きく変貌した。本書は、歴代大統領の「眼」と「体験」を通し、激変した韓国を描くものである。「建国の父」李承晩、軍事クーデタで政権を奪った朴正煕、民主化に大きな役割を果たした金泳三、金大中、そして「ポスト民主化」時代の盧武鉉、李明博。大統領たちの証言で織りなす現代史の意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 それぞれの「暑い夏」
  • 第1章 大韓民国建国-一九四五〜四九年
  • 第2章 朝鮮戦争勃発-一九五〇〜五三年
  • 第3章 四月革命への道-一九五四〜六〇年
  • 第4章 五・一六軍事クーデタ-一九六一〜六三年
  • 第5章 日韓国交正常化-一九六四〜七〇年
  • 第6章 維新クーデタ-一九七一〜七二年
  • 第7章 朴正煕暗殺-一九七三〜七九年
  • 第8章 「新軍部」による支配-一九八〇〜八六年
  • 第9章 「第六共和国」の興亡-一九八七〜二〇〇二年
  • 終章 「レイムダック現象」の韓国政治-二〇〇二年〜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国現代史 : 大統領たちの栄光と蹉跌
著作者等 木村 幹
書名ヨミ カンコク ゲンダイシ : ダイトウリョウタチ ノ エイコウ ト サテツ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.8
ページ数 268p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101959-2
NCID BA86846016
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21494361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想