アサーション・トレーニング

平木典子 編

アサーション・トレーニングは、お互いの自己表現の違いを理解し、区別することから始まる。アサーションを鍵に家族、学校、職場などで体験するコミュニケーションを見直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アサーション・トレーニングの考え方とその広がり
  • 座談会「アサーション・トレーニング埋その展開と可能性」
  • アサーション・トレーニングの実際-実践の方法・意義・効果(小学校教育とアサーション・トレーニング
  • 中学校教育とアサーション・トレーニング ほか)
  • アサーションを学び、実践することの意味と効果(女性がアサーションを学ぶ意味
  • 男性がアサーションを学ぶことの意味 ほか)
  • アサーション・トレーニングの諸相(怒りの気持ちをどう表現するか-怒りのアサーション
  • 親密な関係を築きそれを維持する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アサーション・トレーニング
著作者等 平木 典子
書名ヨミ アサーション トレーニング : ジブン モ アイテ モ タイセツ ニ スル ジコ ヒョウゲン
書名別名 自分も相手も大切にする自己表現

Asashon toreningu
出版元 至文堂
刊行年月 2008.9
ページ数 202p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7843-0268-0
NCID BA86837150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21478769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想