文明開化失われた風俗

百瀬響 著

明治政府が推し進めた文明開化政策。華やかさの一方、入墨・混浴などを禁止した違式〓(かい)違条例が施行された。風俗統制は、日本社会に何をもたらしたのか。実態を探り、日本人の文明観に影響を与えた文明開化を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明治初期の風俗統制-プロローグ
  • 文明開化とは何か
  • 違式〓(かい)違条例
  • 風俗統制の浸透
  • 北海道における風俗統制とアイヌ
  • 文明化によって失われたもの-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明開化失われた風俗
著作者等 百瀬 響
書名ヨミ ブンメイ カイカ ウシナワレタ フウゾク
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 261
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2008.9
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05661-8
NCID BA86829640
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21470537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想