「古事記」の真実

長部日出雄 著

恋あり。闘いあり。和合あり。何と『古事記』の人間くさいこと。神話と日本語の誕生の謎に迫り、次々に浮かび上がる新たな真実。古代をスリリングに実証的に読み解く名ガイド。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 稗田阿礼は日本最初の女性作家
  • 日本語の父は天武天皇
  • 天武天皇の鑑は聖徳太子
  • 楽劇としての古事記
  • 森鴎外と津田左右吉の苦衷
  • 高天原は高千穂峡
  • 神代を伝える原郷
  • 須佐之男命とは何者か
  • 出雲大社の示すもの
  • 天照大御神の誕生
  • 古代が息づく伊勢神宮
  • われわれにとって「カミ」とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「古事記」の真実
著作者等 長部 日出雄
書名ヨミ コジキ ノ シンジツ
シリーズ名 古事記
文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2008.8
ページ数 293p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660649-8
NCID BA86822936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21469622
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想