陸海軍戦史に学ぶ負ける組織と日本人

藤井非三四 著

日本は世界第四位の軍事大国といわれる。しかしそれは、軍事予算、装備の質と量を意味するだけで、本当の軍事力をさすものではない。組織としての危機管理能力、指揮系統の柔軟性と迅速性がなければ、ただの張子の虎である。本書は戦前の陸軍、海軍の作戦行動の欠点を組織論という観点から明らかにし、今日につづく集団としての日本と日本人の問題点を探っていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦争に求められる季節感
  • 第2章 社会階層を否定した軍隊
  • 第3章 戦う集団にあるべき人事
  • 第4章 誤解された「経済」の観念
  • 第5章 際限なき戦線の拡大
  • 第6章 情報で負けたという神話
  • 第7章 陸海軍の統合ができない風土

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陸海軍戦史に学ぶ負ける組織と日本人
著作者等 藤井 非三四
書名ヨミ リクカイグン センシ ニ マナブ マケル ソシキ ト ニホンジン
書名別名 Rikukaigun senshi ni manabu makeru soshiki to nihonjin
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2008.8
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720457-5
NCID BA86812885
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21475625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想