ドストエフスキイと日本人  下 (小林多喜二から村上春樹まで)

松本健一 著

大正時代から平成まで-。ドストエフスキイ・ブームに見る日本の精神状況を開示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第3章 社会と個人の接点-大正期(葉山嘉樹と小林多喜二
  • プロレタリア文学運動のなかで)
  • 第4章 個我への埋没-昭和九年から十二年(プロレタリア文学運動の終息
  • 小林秀雄の思想的流血 ほか)
  • 第5章 復活と変容-昭和二十年から二十五年(焼跡のなかで
  • 観念の弁証法のゆくすえ ほか)
  • ドストエフスキイに憑かれる日本人-一九七〇年以後(『ドストエフスキイと日本人』の後に
  • 「革命に憑かれた世代」について ほか)
  • 付録 「毎日出版文化賞」特別賞選評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドストエフスキイと日本人
著作者等 松本 健一
書名ヨミ ドストエフスキイ ト ニホンジン
書名別名 小林多喜二から村上春樹まで
シリーズ名 レグルス文庫 266
巻冊次 下 (小林多喜二から村上春樹まで)
出版元 第三文明社
刊行年月 2008.8
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-476-01266-8
NCID BA86799095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21479466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想