検非違使 : 中世のけがれと権力

丹生谷哲一 著

平安時代に設置され、軍事・警察を司った"令外の官"-長くそうした存在としてだけ考えられてきた検非違使は、じつは中世、天皇の行幸や祭礼、大葬など国家的大行事の掃除を担当、キヨメを職掌とする中世被差別民を統轄し、ケガレを管理する権力だった。中世天皇制の特質を担い、中世身分制の形成に深くかかわる検非違使の全体像を描き出した名著が新論文を増補して再登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 検非違使とキヨメ
  • 2 非人施行と公武政権
  • 3 中世前期における非人
  • 4 散所非人
  • 5 修正会と検非違使
  • 6 室町幕府の下級官人-公人を中心に
  • 付論 賀茂祭と検非違使の位置

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 検非違使 : 中世のけがれと権力
著作者等 丹生谷 哲一
書名ヨミ ケビイシ : チュウセイ ノ ケガレ ト ケンリョク
シリーズ名 平凡社ライブラリー 646
出版元 平凡社
刊行年月 2008.8
版表示 増補.
ページ数 483p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76646-2
NCID BA8679768X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21490531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想