ヴェトナム新時代 : 「豊かさ」への模索

坪井善明 著

ドイモイ(刷新)政策採用から二十余年。米国と国交を正常化し、ASEANやWTOへの加盟も果たして国際社会への復帰を遂げた今、ヴェトナムはどこへ向かっているのか。未曾有の戦争の後遺症を抱えながら、一方でグローバル化の波にさらされる中、ひたむきに幸福を求める人々の素顔に迫り、日越関係の明日を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦争の傷跡
  • 第2章 もう一つの「社会主義市場経済」
  • 第3章 国際社会への復帰
  • 第4章 共産党一党支配の実相
  • 第5章 格差の拡大
  • 第6章 ホーチミン再考
  • 第7章 これからの日越関係をさぐる
  • 終章 新しい枠組みを

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴェトナム新時代 : 「豊かさ」への模索
著作者等 坪井 善明
書名ヨミ ヴェトナム シンジダイ : ユタカサ エノ モサク
書名別名 Vetonamu shinjidai
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.8
ページ数 254, 4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431145-4
NCID BA86793292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21490576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想