高分子添加剤の基礎化学と材料設計

大勝靖一 監修

[目次]

  • 第1章 添加剤と高分子材料の機能化・安定化(オレフィン重合技術の将来と安定剤
  • 高分子材料の劣化概略
  • 高分子材料添加剤の現状と将来)
  • 第2章 添加剤と高分子材料の問題と対策(添加剤から見た樹脂変色問題とその対応
  • 添加剤の相互作用-添加剤利用の効率化をめざして
  • 劣化試験の理論と実際
  • 高分子材料中の添加剤解析法)
  • 第3章 添加剤各論-使用の現状とその基礎化学(フェノール系酸化防止剤(ラジカル捕捉剤)
  • リン系酸化防止剤
  • 紫外線吸収剤
  • HALS
  • 核剤
  • 難燃剤)
  • 第4章 高分子材料の拡がる用途と要求性能(電気・電子機器における高分子材料
  • 自動車に使われる高分子材料
  • 建築材料)
  • 第5章 高分子添加剤を新しい視点で考える(理学的視点と工学的視点
  • 添加剤の簡易スクリーニング法
  • 研究者に期待される姿勢)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高分子添加剤の基礎化学と材料設計
著作者等 大勝 靖一
書名ヨミ コウブンシ テンカザイ ノ キソ カガク ト ザイリョウ セッケイ
書名別名 Polymer additive:basic chemistry and material design

Kobunshi tenkazai no kiso kagaku to zairyo sekkei
出版元 シーエムシー
刊行年月 2008.4
ページ数 359p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-7813-0019-1
NCID BA86784994
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21430362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想