図解でわかるプラスチック : ペットボトルはどうして作るの?本当にリサイクルされているの?

澤田和弘 著

20世紀に人類が初めて作りだしたプラスチック(合成樹脂)は、いまや暮らしに欠かせないものになっている。本書は、プラスチックのもつ不思議な性質に触れながら、どんなところに利用されて、どのようにリサイクルされるかまで、プラスチックに関する素朴な疑問に答えながら、最新のプラスチック事情を図解と写真でやさしく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 01 プラスチックってどんなもの?-不思議な性質と工夫の道のり(プラスチックって、どんな物質?
  • ペットボトルはどうして作るの?
  • ペットボトルを熱するとどうなる?(実験編)
  • 柔らかくなったり固まるのは、プラスチックだけの性質? ほか)
  • 02 プラスチックってどこに使う?-最新技術が生む多彩な用途(プラスチックってどこに使われているの?
  • プラスチックってどう表記されているの?
  • 穴の開いた包装ってどうしてあるの?
  • 包装ってなにを防ぐことができるの?(湿気の話) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図解でわかるプラスチック : ペットボトルはどうして作るの?本当にリサイクルされているの?
著作者等 澤田 和弘
書名ヨミ ズカイ デ ワカル プラスチック : ペットボトル ワ ドウシテ ツクルノ ホントウ ニ リサイクルサレテイルノ
書名別名 Zukai de wakaru purasuchikku
シリーズ名 サイエンス・アイ新書 SIS-74
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2008.7
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-4274-1
NCID BA86784713
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21462796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想