金田一京助と日本語の近代

安田敏朗 著

わが国の代表的な国語学者・言語学者であり、文化勲章受章者という像が支配的な金田一京助。だが実は、敗戦による自己反省なきままに温存された国語学の宿痾を一身に体現する人物でもある。同郷の石川啄木にたいする無償の援助をはじめ、美談に彩られたそのイノセントな人物像の陰には、日本語を考える際に看過できない問題が存在する。金田一京助の内在的論理を実証的に追いながら、近代日本語成立に潜む力学を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 問題のありか-「イノセント」であること
  • 第2章 アイヌ語との出会い-日本帝国大学言語学の射程
  • 第3章 「言語」論とその展開-戦前・戦中の議論を軸に
  • 第4章 歴史認識・社会論-敗戦直後の議論を軸に
  • 第5章 あらたな国語を求めて(一)現代かなづかいをめぐって
  • 第6章 あらたな国語を求めて(二)標準語論と敬語論をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金田一京助と日本語の近代
著作者等 安田 敏朗
書名ヨミ キンダイチ キョウスケ ト ニホンゴ ノ キンダイ
書名別名 Kindaichi kyosuke to nihongo no kindai
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2008.8
ページ数 284p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85432-9
NCID BA86771802
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21487330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想