山の神 : 易・五行と日本の原始蛇信仰

吉野裕子 著

蛇と猪。なぜ山の神はふたつの異なる神格を持つのか?日本古来の社の祭神の起源は、祖霊としての蛇神であった。六〜七世紀、中国から将来された易・五行による新な神々が、原始蛇信仰の神々と混淆し、山の神は複雑な相貌をもつようになる。神島の「ゲーターサイ」、熊野・八木山の「笑い祭り」、御田神社の「烏喰神事」などの祭りや習俗を渉猟し、山の神にこめられた意味を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章(倭建命伝承と日本古代信仰-祖霊の力と女の力
  • 山の神の神格
  • 山の神の分類)
  • 第1章 蛇と山の神(世界の原始蛇信仰
  • 日本の原始蛇信仰
  • 見立ての信仰
  • 蛇の古名
  • 日本創世神話と山の神
  • スサノヲ神話と山の神-足名椎・手名椎・櫛名田姫・八俣遠呂智の推理
  • 蛇を秘める細小の神々
  • 産の神としての山の神)
  • 第2章 亥(猪)と山の神(山の神の分類
  • 易・五行における亥(猪)
  • 正倉院御物石版彫刻の戌・亥(犬・猪)
  • 陰陽五行思想の概要
  • 「亥」の全体像とその分類表-各「亥」の再構成
  • 山の神の本質)
  • 第3章 山の神祭りとその周辺(カラス祭り
  • 陰陽五行と迎春呪術
  • 神島の「ゲーターサイ」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山の神 : 易・五行と日本の原始蛇信仰
著作者等 吉野 裕子
書名ヨミ ヤマ ノ カミ : エキ ゴギョウ ト ニホン ノ ゲンシ ヘビ シンコウ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2008.8
ページ数 256p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-159887-4
NCID BA86739162
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21468926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想