カインのポリティック

ルネ・ジラール, ドメーニカ・マッツ ほか[著] ; 内藤雅文 訳

現代世界の混迷から抜けだす手段とは。神話の奥に隠されているものを読み解き、暴力をめぐって仮説を展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 火と野獣-ウィリアム・ゴールディングの『蝿の王』についての哲学的=政治的解釈
  • アダムとイヴには息子が二人いた…
  • 権力の原型としてのカインの"しるし"
  • 兄弟間の敵対関係 政治的衝突のパラダイム
  • ライバル意識とミメーシス-内部の未知なる者
  • 過ちの樹-聖書における暴力の啓示
  • 政治の自己=免疫的な隠喩
  • 兄弟間の争いの起源に関する精神分析的考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カインのポリティック
著作者等 Girard, René
Mazzù, Domenica
内藤 雅文
Girard Ren'e
マッツ ドメーニカ
ジラール ルネ
書名ヨミ カイン ノ ポリティック : ルネ ジラール ト ノ タイワ
書名別名 Politiques de Cain

ルネ・ジラールとの対話
シリーズ名 創世記 888
叢書・ウニベルシタス 888
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.8
ページ数 420p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00888-7
NCID BA86723515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21514904
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アダムとイヴには息子が二人いた… マリーア・ステッラ・バルベーリ
ライバル意識とミメーシス ロベルト・エスコバル
兄弟間の争いの起源に関する精神分析的考察 フランチェスコ・シラクザーノ
兄弟間の敵対関係 ジューリオ・M.キオーディ
序説 ドメーニカ・マッツ
所属 ルネ・ジラール
政治の自己=免疫的な隠喩 ドメーニカ・マッツ
権力の原型としてのカインの〈しるし〉 クラウディオ・ボンヴェッキオ
火と野獣 ルイージ・アルフィエーリ
過ちの樹 ジュゼッペ・フォルナーリ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想