新編現代の君主

アントニオ・グラムシ 著 ; 上村忠男 編訳

現代の君主は、個人ではありえない、それはひとつの集合的意志である-。イタリア共産党の指導者グラムシは、十数年にわたる獄男生活において、ヨーロッパの革命が挫折した原因を内省しつつ執筆活動をつづけた。その『獄中ノート』から、主として政治と近代国家の問題をあつかった最重要テクストを精選するとともに、その思想背景を知るための明快な訳注を付したものが本書である。組織された生産者社会において、人間が主体性を取り戻すことを展望する。いま読みなおすグラムシ思想の真髄。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人間とはなにか
  • 構造と上部構造-その歴史的ブロック
  • 哲学・宗教・常識・政治
  • マキャヴェッリと現代の君主
  • 自立した科学としての政治学
  • 歴史的存在としてのマキャヴェッリ
  • マキャヴェッリとグィッチャルディーニ
  • マキャヴェッリ的政治教育の革命性
  • 情勢または力関係の分析
  • 「経済主義」の問題〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編現代の君主
著作者等 Gramsci, Antonio
上村 忠男
グラムシ アントニオ
書名ヨミ シンペン ゲンダイ ノ クンシュ
書名別名 Quaderni del carcere
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.8
ページ数 424p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09160-4
NCID BA8671511X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21491323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想