憲法の私人間効力論

君塚正臣 著

再び活発化する私人間効力論の決定版。三菱樹脂事件などの判例や学説を網羅的に検討し、憲法の最高法規性に基づき、私人間における人権問題の実践的な解決を図る。これまで見落とされてきた論点や他の法分野の問題にも、憲法学の立場から論及。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 問題の所在(憲法の私人間効力論の再整理
  • 民法の公序良俗論 ほか)
  • 第2部 理論的検討(ドイツ流伝統的第三者効力論
  • アメリカ的ステイト・アクション論 ほか)
  • 第3部 理論の具体的適用(法律行為と憲法の私人間効力
  • 事実行為と憲法の私人間効力 ほか)
  • 第4部 理論の発展的検討(第三セクターと憲法の私人間効力論
  • 団体内部紛争と憲法の私人間効力論 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法の私人間効力論
著作者等 君塚 正臣
書名ヨミ ケンポウ ノ シジンカン コウリョクロン
書名別名 Kenpo no shijinkan koryokuron
出版元 悠々社
刊行年月 2008.7
ページ数 554p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86242-010-7
NCID BA86711560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21465900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想