働くことの心理学 : 若者の自分さがしといらだち

都筑学 編

楽しく働きたい、やりがいのある仕事に就きたい、働くことに前向きな若者の気持ちと長時間労働、低賃金、わかりゆくい上司のいる職場。選びきれない仕事、達成感のない自分さがし、曖昧な不安。若者の気持ちと労働の実態に鋭く切りこんだ心理学的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 労働の実態と労働者の意識(日本の社会状況・労働実態・労働者の意識
  • 職場における労働問題)
  • 第2部 働くことを通して青年が獲得する力(青年期から成人期にかけて働くことを通じて形成される力
  • 若者の自分さがしと職業
  • 格差社会における若者の「自己実現」-「働けないこと」の心理学序説)
  • 第3部 人生において労働がしめる位置(仕事と生活-働くことと生きること
  • 女性の就業問題)
  • 第4部 心理学における労働の研究(働くために必要とされる力-児童期から青年期にかけて形成されるもの)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 働くことの心理学 : 若者の自分さがしといらだち
著作者等 都筑 学
書名ヨミ ハタラク コト ノ シンリガク : ワカモノ ノ ジブン サガシ ト イラダチ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2008.7
ページ数 197p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-05191-5
NCID BA86709117
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21467672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想