大名屋敷と江戸遺跡

宮崎勝美 著

東京都心部では近年、急速な再開発の進行にともなって、江戸遺跡の発掘調査が多数実施された。発掘対象は大名屋敷の跡地が多く、それにより文献史学などの分野でも大名屋敷に対する関心が強まってきた。加賀藩本郷邸の跡地にあたる東京大学本郷キャンパスでも、これまでに総計約六万平方メートルにおよぶ発掘調査が行われ、大名屋敷の空間構造やそこに暮した人びとの生活の実態が解明されつつある。しかしながら、江戸時代前期の大名屋敷にはいまだ未解明の部分が多い。本書では、数少ない文献・絵図史料を活用し、発掘調査の成果をそれらと関連づけながら、江戸時代前期の大名屋敷の姿を復元していきたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 大名江戸屋敷への関心
  • 2 東京大学本郷構内の遺跡と加賀藩江戸屋敷
  • 3 将軍御成と寛永期の加賀藩本郷邸
  • 4 明暦の大火前後の本郷邸
  • 5 天和の大火と本郷邸
  • 6 上屋敷本郷邸の成立

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大名屋敷と江戸遺跡
著作者等 宮崎 勝美
書名ヨミ ダイミョウ ヤシキ ト エド イセキ
書名別名 Daimyo yashiki to edo iseki
シリーズ名 日本史リブレット 87
出版元 山川出版社
刊行年月 2008.7
ページ数 101p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-54699-8
NCID BA86697619
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21467750
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想