動物の足跡学入門 : 形とつき方から推理する

熊谷さとし 著

野生動物を見るのは難しい。でも、残された足跡を見つけることはできる。足跡を追うと、意外なところに動物がすんでいるのがわかる。なぜこの場所を歩いたかを推理し、足跡をたどると、巣穴までいけるかもしれない。これがフィールドワークの入口である。足跡の先には、動物たちがいる。ようこそ!足跡学へ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 足跡学
  • 第2章 足跡を読む
  • 第3章 フィールドに出る
  • 第4章 里山動物を観察する
  • 第5章 大型獣の観察
  • 第6章 ヒレ脚の仲間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物の足跡学入門 : 形とつき方から推理する
著作者等 熊谷 さとし
熊谷 聡
書名ヨミ ドウブツ ノ アシアトガク ニュウモン : カタチ ト ツキカタ カラ スイリスル
シリーズ名 知りたい!サイエンス
出版元 技術評論社
刊行年月 2008.8
ページ数 256p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-3527-4
NCID BA86696809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21453266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想