言葉の暴力 : 「よけいなもの」の言語学

ジャン=ジャック・ルセルクル 著 ; 岸正樹 訳

言葉遊びや隠喩・洒落・誤用など従来の言語学が「よけいなもの」として見過ごしてきた言葉の無意識的現象を分析して言語学の脱構築をはかる試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 言語学と「よけいなもの」
  • 第2章 がらくた袋
  • 第3章 「よけいなもの」の理論
  • 第4章 隠喩
  • 第5章 変質
  • 第6章 言語の暴力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言葉の暴力 : 「よけいなもの」の言語学
著作者等 Lecercle, Jean-Jacques
岸 正樹
Lecercle Jean‐Jacques
ルセルクル ジャン=ジャック
書名ヨミ コトバ ノ ボウリョク : ヨケイナ モノ ノ ゲンゴガク
書名別名 The violence of language
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 893
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.8
ページ数 446, 11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00893-1
NCID BA86685256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21514300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想