時とはなにか : 暦の起源から相対論的"時"まで

虎尾正久 著

人々の生活の基本にあり、日常を区切り律する「時」。その成り立ちや仕組みはあまり知られていない。幾多の不備があっても習慣として使けられる暦がある一方、高い精度が求められ原子単位となっていく「時」もある。一体「時」はどのように決められているのか。先人たちが苦労を重ね定めてきた歴史とともに、現代的な観点も含めて、「時」の専門家が壮大なテーマを易しく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 時を記録する
  • 第2章 地球は回る
  • 第3章 時を測る
  • 第4章 不変の時を求める(暦表時)
  • 第5章 時を使う
  • 第6章 秒を決める
  • 第7章 時を保つ
  • 第8章 時を知らせる
  • 第9章 時を利用する
  • 第10章 時を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時とはなにか : 暦の起源から相対論的"時"まで
著作者等 虎尾 正久
書名ヨミ トキ トワ ナニカ : コヨミ ノ キゲン カラ ソウタイロンテキ トキ マデ
書名別名 Toki towa nanika
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2008.8
ページ数 230p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-159889-8
NCID BA86668188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21468924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想