ピタゴラス数を生み出す行列のはなし

小林吹代 著

ピタゴラス数が出てくる公式は、数学の世界ではよく知られているが、ある3つの行列を用いてピタゴラス数がどんどん生じ、しかも全て網羅されるということはあまり知られていない。本書では、この3つの行列からどのようにしてピタゴラス数が生まれてくるのか、そのタネに迫る。数学の研究が意外なところでピタゴラス数につながることにも言及し、さらに120度のピタゴラス数を生み出す5つの行列についても語っていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ピタゴラス数の3兄弟(ピタゴラス数の親子関係
  • 親から子へと伝わって
  • 私って、長男?次男?三男?
  • ピタゴラス数のご先祖様 ほか)
  • 第2章 120度のピタゴラス数の5姉妹(120度のピタゴラス数
  • 楕円上を移動する
  • 120度のパラメータのピタゴラス変換
  • 120度のピタゴラス数を生む行列 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ピタゴラス数を生み出す行列のはなし
著作者等 小林 吹代
書名ヨミ ピタゴラススウ オ ウミダス ギョウレツ ノ ハナシ
シリーズ名 Beret mathematics
出版元 ベレ
刊行年月 2008.7
ページ数 263p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86064-197-9
NCID BA86666976
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21457739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想