シリーズ日本語史  4

金水 敏;乾 善彦;渋谷 勝己【著】

言語資料は「言語史」そのものではない。現実世界における"もの"としての個別・具体的な言語資料を、まずその時代の文化史・社会史・政治史のなかに位置づけて読み解き、抽象的な言語システムおよび言語史に落とし込んでいく。本書では、そのような知恵や作法を「インタフェース」と名付け、新たな"言語史観"で日本語を捉える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本語史のインタフェースとは何か
  • 第2章 言語資料のインタフェース
  • 第3章 日本語書記の史的展開
  • 第4章 新たなことばが生まれる場
  • 第5章 ことばとことばの出会うところ
  • 第6章 言語変化のなかに生きる人々
  • 第7章 役割語と日本語史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シリーズ日本語史
著作者等 乾 善彦
渋谷 勝己
金水 敏
書名ヨミ シリーズ ニホンゴシ
書名別名 日本語史のインタフェース
巻冊次 4
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.7
ページ数 253p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-028130-0
NCID BA86663490
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21469209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想