沖縄/暴力論

西谷修, 仲里効 編

エッジとしての沖縄をとおして日本との軋む縫合線から何が見えてくるのか。グローバル化のなかでの注目すべき現代沖縄論。「『集団死』の特異性」「暴力とその表出」を論題とする白熱の議論、各専門分野気鋭の論者による多角的論考を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 シンポジウム(「集団死」の特異性
  • 暴力とその表出
  • 『それは島』再訪)
  • 第2武 論考集(ブルー・ヴァリアント-『聖なる夜聖なる穴』の迷宮から
  • 揺らぐ梅澤証言-「正論」2008年4月号藤岡論文を読む
  • 否認の政治と窪地からの声
  • 沖縄と開発の暴力
  • 寡黙、吃音、狂気-「反復帰」論の言語と文体をめぐる覚書
  • 軋みと閃光
  • 沖縄・揺れる活断層)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄/暴力論
著作者等 仲里 効
西谷 修
書名ヨミ オキナワ ボウリョクロン
書名別名 Okinawa boryokuron
出版元 未來社
刊行年月 2008.8
ページ数 267p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-624-11200-4
NCID BA86662567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21471337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想