音楽空間の社会学 : 文化における「ユーザー」とは何か

粟谷佳司 著

日常的な活動のなかで、私たちユーザーは「社会空間」をどのように立ち上げているのか。カルチュラル・スタディーズの視点からFMラジオやフェスティバルなどの事例を読み解き、音楽の多様な利用と視聴形態が人々のネットワークを作り出し、アイデンティティ形成に寄与する力もあることを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会空間、メディア、文化
  • 第2章 メディア空間でのオーディエンス
  • 第3章 サイバースペース、テクノロジー、ユーザー
  • 第4章 アーティキュレーションとアイデンティティ
  • 第5章 文化とアイデンティティの諸問題
  • 第6章 音の空間とアイデンティティ-カリバーナ
  • 第7章 震災復興とメディア-メディア空間としてのコミュニティFM
  • 第8章 音楽空間としての「つづら折りの宴」-その生成と展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽空間の社会学 : 文化における「ユーザー」とは何か
著作者等 粟谷 佳司
書名ヨミ オンガク クウカン ノ シャカイガク : ブンカ ニ オケル ユーザー トワ ナニカ
出版元 青弓社
刊行年月 2008.7
ページ数 212p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7872-3289-2
NCID BA86656790
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21467096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想