フードバンクという挑戦

大原悦子 著

「完璧でない」からと捨てられる食べ物。一方で、食べることに困っている人が大勢いる。両者をつなぐ活動の最前線、アメリカと日本から。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ、いまフードバンクか(捨てられる食べ物
  • ほんとうの「期限」とは? ほか)
  • 第2章 フードバンクの誕生-アメリカ大量消費社会のなかで(フードバンクの父
  • マーケットがやってくる ほか)
  • 第3章 フードバンク、日本上陸(それはひとりのアメリカ人から始まった
  • いつも腹ペコの子ども時代 ほか)
  • 第4章 日本に根づくか、フードバンク(地産地消型のフードバンク
  • フードバンクでは「食べられない」? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フードバンクという挑戦
著作者等 大原 悦子
書名ヨミ フード バンク ト イウ チョウセン : ヒンコン ト ホウショク ノ アイダ デ
書名別名 貧困と飽食のあいだで

Fudo banku to iu chosen
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.7
ページ数 187p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-024644-6
NCID BA86653657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21474658
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想