精神病の精神分析的アプローチ : その実際と今日的意義

松木邦裕, 東中園聡 編

本書は、統合失調症や非定型精神病などの精神疾患の臨床において、いかに精神分析的心理療法による治療を進めていくかを、多くの事例をもとに論じたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 視点(精神病についての理論と精神分析技法)
  • 第2部 治療の実際(統合失調症者との治療的コミュニケーションの試み
  • ある非定型精神病者との精神分析的心理療法
  • ある統合失調症者の破壊的空想
  • 悲哀という体験の難しさ-ある非定型精神病の精神分析的心理療法から
  • 妄想の中の抑うつに出会うこと
  • 筋肉の暴力的な使用による取り入れ器官の排泄器官化-ビオンの観点からの統合失調症への精神分析的アプローチ)
  • 第3部 コンテイニング(コンテイニングと逆転移-精神病とのパーソナルな経験から初心者に向けて
  • 統合失調症の看護-考える看護とその実際
  • 統合失調症の精神分析臨床におけるマネージメント)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神病の精神分析的アプローチ : その実際と今日的意義
著作者等 東中園 聡
松木 邦裕
書名ヨミ セイシンビョウ ノ セイシン ブンセキテキ アプローチ : ソノ ジッサイ ト コンニチテキ イギ
シリーズ名 精神分析臨床シリーズ
出版元 金剛
刊行年月 2008.7
ページ数 237p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7724-1032-8
NCID BA8658868X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21461600
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想