「生きづらさ」について : 貧困、アイデンティティ、ナショナリズム

雨宮処凛, 萱野稔人 著

いま多くの人が「生きづらさ」を感じている。一九九八年以降、自殺者数は毎年三万人を超え、毎日のように練炭自殺や硫化水素自殺のニュースが報じられている。鬱病など、心を病む人も増える一方だ。これらの現象は、現代社会に特有の「生きづらさ」と無縁ではない。その背景には、もちろん経済のグローバル化に伴う労働市場の流動化が生んだ、使い捨て労働や貧困、格差の問題もあるだろう。他方で、そういう経済的な問題とは直接関係のない「純粋な生きづらさ」もあるだろう。本書では、さまざまな「生きづらさ」の要因を解きほぐしながら、それを生き延びていくためのヒントを探っていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「生きづらさ」はどこからくるのか?(「生きづらさ」と現代
  • 空気を読んで自殺する ほか)
  • 第2章 貧困とアイデンティティ(いろんな意味で状況が変わってきた
  • 盛り上がるフリーターや反貧困の運動 ほか)
  • 第3章 認められることの困難とナショナリズム(「希望は戦争」論争
  • 格差とルサンチマン ほか)
  • 第4章 「超不安定」時代を生き抜く(二〇〇八年インディーズ系メーデー
  • ニートや引きこもりは労働問題 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「生きづらさ」について : 貧困、アイデンティティ、ナショナリズム
著作者等 萱野 稔人
雨宮 処凛
書名ヨミ イキズラサ ニ ツイテ : ヒンコン アイデンティティ ナショナリズム
書名別名 Ikizurasa ni tsuite
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2008.7
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03461-0
NCID BA86583799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21463868
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想