英語リスニング教材開発の理論と実践 : データ収集からハンドアウトの作成と教授法まで

小林敏彦 著

[目次]

  • 前編 理論編(オーセンティックな素材
  • タスクの特性
  • 事前・事後リスニング活動)
  • 後編 実践編(データ収集、ハンドアウトの作成、授業の進行)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語リスニング教材開発の理論と実践 : データ収集からハンドアウトの作成と教授法まで
著作者等 小林 敏彦
書名ヨミ エイゴ リスニング キョウザイ カイハツ ノ リロン ト ジッセン : データ シュウシュウ カラ ハンドアウト ノ サクセイ ト キョウジュホウ マデ
書名別名 Theory & practice for English listening materials development
出版元 小樽商科大学出版会 : 紀伊國屋書店
刊行年月 2008.3
ページ数 143p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87738-330-5
NCID BA86581625
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21556908
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想