こんな日本でよかったね : 構造主義的日本論

内田樹 著

「少子化問題」は存在しません!日本は「辺境」で「属国」、それで何か問題でも?これから目指すべきは「フェミニンな共産主義」です!…あまりの暴論ぶりに思わず納得。"寝ながら学んだ"構造主義者・ウチダ先生による、驚愕の日本社会論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 制度の起源に向かって-言語、親族、儀礼、贈与(「言いたいこと」は「言葉」のあとに存在し始める
  • 言葉の力 ほか)
  • 2章 ニッポン精神分析-平和と安全の国ゆえの精神病理(格差社会って何だろう
  • 「少子化問題」は存在しない ほか)
  • 3章 生き延びる力-コミュニケーションの感度(生き延びる力
  • 生きていてくれさえすればいい ほか)
  • 4章 日本辺境論-これが日本の生きる道?(辺境で何か問題でも?
  • 変革が好きな人たち ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 こんな日本でよかったね : 構造主義的日本論
著作者等 内田 樹
書名ヨミ コンナ ニホン デ ヨカッタネ : コウゾウ シュギテキ ニホンロン
シリーズ名 木星叢書
出版元 バジリコ
刊行年月 2008.7
ページ数 297p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86238-096-8
NCID BA86581498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21542509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想