パヴロフ : 脳と行動を解き明かす鍵

ダニエル・P.トーデス 著 ; 近藤隆文 訳

1904年ノーベル生理学・医学賞を受賞した最初の生理学者にして最初のロシア人パヴロフ。「条件反射」、「パヴロフの犬」という言葉で知られるパヴロフの業績をわかりやすく伝え、その生涯をロシア革命前後の社会状況や政府との関係とともに描く新しい評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 神学生が科学を選ぶ
  • 第2章 サンクトペテルブルクで苦闘する科学者
  • 第3章 パヴロフの生理学工場
  • 第4章 沈黙の塔
  • 第5章 革命後
  • 第6章 「世界生理学界の王子」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パヴロフ : 脳と行動を解き明かす鍵
著作者等 Todes, Daniel Philip
近藤 隆文
Gingerich Owen
Todes Daniel P.
トーデス ダニエル・P.
ギンガリッチ オーウェン
書名ヨミ パヴロフ : ノウ ト コウドウ オ トキアカス カギ
書名別名 Ivan Pavlov
シリーズ名 Oxford portraits in science / オーウェン・ギンガリッチ 編集代表
オックスフォード科学の肖像
出版元 大月書店
刊行年月 2008.7
ページ数 144, 11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-272-44049-8
NCID BA86578132
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21460283
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想