幕末維新と佐賀藩 : 日本西洋化の原点

毛利敏彦 著

明治維新の原動力となった「薩長土肥」の雄藩だが、肥前=佐賀藩の影は薄い。しかし西洋の先進技術を最も蓄積した佐賀藩は、英明な藩主・鍋島閑叟のもと鉄製大砲を製造。幕末期、技術力で幕府や他藩を圧倒し、閑叟は新政府のトップに躍り出る。また開明的な藩士が多数輩出し、江藤新平は教育・司法に「西洋丸写し」とまで称される大胆な制度を導入する。佐賀の乱以降、薩長政権下、活躍が軽視された同藩の真の価値を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 長崎御番
  • 第1章 鍋島閑叟の登場
  • 第2章 日本開国
  • 第3章 尊王攘夷と佐賀藩
  • 第4章 江戸幕府瓦解
  • 第5章 明治新政
  • 第6章 国民教育への道
  • 第7章 初代司法卿-人権の父
  • 第8章 暗転-明治六年政変と佐賀戦争
  • 終章 明治維新史を見直す

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末維新と佐賀藩 : 日本西洋化の原点
著作者等 毛利 敏彦
書名ヨミ バクマツ イシン ト サガハン : ニホン セイヨウカ ノ ゲンテン
書名別名 Bakumatsu ishin to sagahan
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.7
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101958-5
NCID BA86565323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21478807
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想