総理の辞め方

本田雅俊 著

稀に見る長期政権を担いながら、権力の座に未練を残して辞任した吉田茂。「明鏡止水の心境だ」との名言を残し、美しく退陣した鳩山一郎。自ら開催地を決定した九州・沖縄サミットに出席する直前に急逝した小渕恵三。大願を成就させ、颯爽と去った小泉純一郎…。気鋭の政治学者が、「散り際」を中心に戦後歴代首相の足跡を語る。首相就任の経緯、生い立ちと履歴、そして辞任のドラマとその後の人生。「首相はいかに辞めるべきか」「首相の資質とは何か」を考える上で必読の力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 終戦・占領下の時代
  • 第2章 復興・成長の時代
  • 第3章 派閥抗争の時代
  • 第4章 改革標榜の時代
  • 第5章 自民党凋落の時代
  • 第6章 ポピュリズムの時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 総理の辞め方
著作者等 本田 雅俊
書名ヨミ ソウリ ノ ヤメカタ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2008.7
ページ数 290p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-70085-4
NCID BA86553776
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21462912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想