地震がくるといいながら高層ビルを建てる日本

デュラン・れい子 著

『一度も植民地になったことがない日本』待望の第2作!ヨーロッパ人が意外にとまどう日本のアタリマエ。うがいもウォシュレットもヨーロッパ人には不可解。常識が不思議に見えてくる面白さ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本に慣れすぎているニッポン
  • 第2章 ホンネとタテマエは世界共通
  • 第3章 レディ・ファーストが基本です
  • 第4章 ヨーロッパ式カップル社会の実態
  • 第5章 意外にヨーロッパ人がとまどう日本の習慣
  • 第6章 日本人が学びたい、ヨーロッパ流コミュニケーション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地震がくるといいながら高層ビルを建てる日本
著作者等 Duland, Reiko
Dyulan, Reiko
デュラン れい子
書名ヨミ ジシン ガ クル ト イイナガラ コウソウ ビル オ タテル ニッポン
書名別名 Jishin ga kuru to iinagara koso biru o tateru nippon
シリーズ名 講談社+α新書
出版元 講談社
刊行年月 2008.5
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-272501-9
NCID BA86553211
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21436185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想