東京裁判の教訓

保阪正康 著

東京裁判(極東国際軍事裁判)とは何だったのか!?勝者による「復讐裁判」と片づけてよいのか?史実から目を背けるのは「逃避」である。壮大なる歴史ドラマに隠された数多くの教訓を、どう受け止め、どう伝えるか!?新史料を得て世に問う、保阪正康流理性史観。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 昭和史清算のひとつの形
  • 第1章 裁判の全体図-可視と不可視の部分
  • 第2章 裁いた側の論理と歴史的責任
  • 第3章 裁かれた側の弁明とその義務
  • 第4章 判決のもつ意味と戦後社会
  • 終章 六十年目の東京裁判、歴史への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京裁判の教訓
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ トウキョウ サイバン ノ キョウクン
シリーズ名 朝日新書
出版元 朝日新聞
刊行年月 2008.7
ページ数 277p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273220-0
NCID BA86537929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21463866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想