教科書から消えた日本史 : 学校で習った「歴史」は間違いだらけ

河合敦 著

書名が変わった「『魏志』倭人伝」、一一八五年ともされる「鎌倉幕府成立」、てんで徹底されていなかった「刀狩」…。最近の教科書を題材に、年々変化する驚くべき「歴史」の実態を紹介。記されざる史実や学習指導要領にも言及した、現在の「日本史」を知るための一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 いつ、あの「歴史」は消えたのか-伝説と新調査(仁徳天皇陵-なぜ世界最大級の墳墓の名称が消えるのか?聞き慣れない「大仙古墳」への変化の意味
  • 最古の貨幣-和同開珎は「最古」ではなくなった さらに古いと認定された富本銭の謎 ほか)
  • 第2章 どこで、あの「歴史」は変えられたのか-新説と新発見(邪馬台国-ベニバナの出土で「畿内・九州」論争が決着?『魏志』倭人伝という書物の実体
  • 青銅器-分布図を塗り変える柳沢遺跡の発見 弥生時代とともに消えた銅鐸の謎 ほか)
  • 第3章 だれが、あの「歴史」をとりちがえたのか-異説と新研究(古代の食生活-縄文人は土地を耕して生活していた!明らかになってきた米と大豆の歴史
  • 鎌倉幕府成立-「イイクニつくろう」から「イイハコつくろう」へ?一一八〇年から一二二一年まで諸説紛々 ほか)
  • 第4章 なにが、あの「歴史」として記されていないのか-真説と新提議(懐良親王-九州は一時、独立国として外交をすすめていた?南朝から生まれた「日本国王」の活躍
  • 武士道教育-武士は藩校でどのような教育を受けていたのか 薩摩・会津・鶴岡にみる独特な士風 ほか)
  • 第5章 なぜ、あの「歴史」に教科書問題がおきるのか-力説と新時代(小学校教科書-旧石器時代と縄文時代が教科書から消えた!?ねつ造によって変えられた日本の歴史
  • 沖縄戦-「強制」をめぐって揺れ動いた集団自決とは 沖縄県人の四人に一人が亡くなった戦争の実態 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教科書から消えた日本史 : 学校で習った「歴史」は間違いだらけ
著作者等 河合 敦
書名ヨミ キョウカショ カラ キエタ ニホンシ : ガッコウ デ ナラッタ レキシ ワ マチガイダラケ
出版元 光文社
刊行年月 2008.6
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-334-97542-5
NCID BA86504919
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21460361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想