近世の宗教と社会  2

井上 智勝;高埜 利彦【編】

近年の国家権力と宗教をめぐる研究動向を活性化させ、日本近世史と関連する諸分野の研究が進展することをめざす。近世の宗教を、近世国家権力および支配との関係性において捉えることを目的とした論考十一編を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 宗教統制と宗教者組織(異端的宗教活動と近世秩序-元禄期肥前国きやぶ地方における正應寺法一件を事例に
  • 加賀藩の改宗・寺替法令をめぐって
  • 神職の集団化と幕府支配-武蔵国独礼神主層を事例に
  • 近世の神職編成と国郡制・領主制)
  • 2 権力の正統化と宗教(増上寺における東照権現信仰
  • 幕末萩藩における祭祀改革と「藩祖」
  • 恩赦をめぐる幕府権威と仏教世界)
  • 3 門跡と朝廷(近世門跡の格式
  • 輪王寺宮の権威と在地寺社の動向
  • 近世の触穢観念と神社・祭礼-「触穢中神事祭礼」の「再興」をめぐって
  • 近世中後期の陰陽頭・朝廷と彗星
  • 近世国家権力と宗教-研究の進展をめざして)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世の宗教と社会
著作者等 井上 智勝
高埜 利彦
書名ヨミ キンセイ ノ シュウキョウ ト シャカイ
書名別名 国家権力と宗教

Kinsei no shukyo to shakai
巻冊次 2
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2008.7
ページ数 310p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-03430-2
NCID BA86496810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21460309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想