親方はつらいよ

高砂浦五郎 著

自由な空気と押し相撲、そして自立心を大切にするのが高砂流。強い弟子ほど「譲らない心の強さ」を持っている。手こずらされるのは親方の宿命なのだ?「新しいタイプの親方」が、指導法を初公開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 弟子に一長一短あり(なんといっても一番手こずらされた弟子は…
  • ひたすら稽古するヤツ
  • 相撲をやれば心が強くなる ほか)
  • 第2章 親方の心得(高砂部屋では親方はコーチ?
  • 「師匠の父権」は振りかざしたくない
  • 水戸泉と同期 ほか)
  • 第3章 角界の流儀(時津風部屋新弟子急死事件
  • 「かわいがり」の本当の意味
  • あくまでも稽古の一環 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親方はつらいよ
著作者等 高砂 浦五郎
書名ヨミ オヤカタ ワ ツライヨ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2008.7
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660643-6
NCID BA86495476
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21464718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想