昭和二十年の「文藝春秋」

文春新書編集部 編

戦火の中、本土決戦を前に、芥川賞は発表され、「文藝春秋」は出ていた。そして、敗戦のあとも。日本が最も逼迫した年の原稿と記事を厳選して、昭和二十年にタイムスリップ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 農村の火事(今和次郎)
  • 特別攻撃隊(齋藤茂吉)
  • 小諸雑詠(高浜虚子)
  • 神経戦(林髞)
  • 学徒兵の手記 父に寄せる(目黒晃)
  • 編輯後記・愛読者諸氏へ
  • 針(島木健作)
  • 比島戦局に寄せて(佐藤春夫)
  • 八紘隊は征く(中野実)
  • 戦う高砂族(永井保)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和二十年の「文藝春秋」
著作者等 文芸春秋
文春新書編集部
書名ヨミ ショウワ ニジュウネン ノ ブンゲイ シュンジュウ
書名別名 Showa nijunen no bungei shunju
シリーズ名 文芸春秋 (雑誌)
文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2008.7
ページ数 382p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660647-4
NCID BA86492809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21464717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想