昭和天皇 : 1945-1948

高橋紘 著

一九四五(昭和二〇)年八月一五日、「玉音放送」以後に昭和天皇はいかに戦後を歩み始めたか。現人神から象徴天皇への転換点で、天皇は自らの危機をどう乗り切り、主体的に動いたか。戦後天皇制を設計する上でのGHQの意図とは何か。本書は木下道雄『側近日誌』の解読を縦軸にしつつ、膨大な史料に依拠して描き出した歴史ドキュメントの傑作。天皇の地方巡幸を熱狂的に出迎える国民、新憲法制定過程と東京裁判の秘話など、象徴天皇の誕生を理解する上での必読の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「国体ヲ護持シ得テ」
  • 第2章 バーンズ回答を遵守せよ
  • 第3章 宮中改革の先頭に立つ
  • 第4章 大財閥の解体
  • 第5章 疎開から帰った皇太子
  • 第6章 背広の天皇、街頭へ
  • 第7章 残された宮中祭祀
  • 第8章 天皇を助けたクエーカー人脈
  • 第9章 "潔白の証明"
  • 第10章 天皇訴追せず
  • 第11章 憲法改正をなぜ急いだか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和天皇 : 1945-1948
著作者等 高橋 紘
書名ヨミ ショウワ テンノウ
書名別名 Showa tenno
シリーズ名 岩波現代文庫 社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.7
ページ数 372, 7p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603169-5
NCID BA86485268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21475162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想