昭和天皇・マッカーサー会見

豊下楢彦 著

戦後史の謎であり続けた全一一回の極秘会談。二人が何を話したのか、その核心部分が、著者が解説した膨大な未解明の新資料によって初めて明らかにされた。両者の会談のみならず全米に対する昭和天皇の外交を精緻に描き出した本書は、戦後レジーム形成に天皇が極めて能動的に関与した衝撃の事実を描き出し、従来の昭和天皇像、戦後史観を根底から覆す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「昭和天皇・マッカーサー会見」の歴史的位置(第一回会見の検証
  • 「空白」の戦後史)
  • 第2章 昭和天皇と「東条非難」
  • 第3章 「松井文書」の会見記録を読み解く
  • 第4章 戦後体制の形成と昭和天皇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和天皇・マッカーサー会見
著作者等 豊下 楢彦
書名ヨミ ショウワ テンノウ マッカーサー カイケン
書名別名 Showa tenno makkasa kaiken
シリーズ名 岩波現代文庫 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.7
ページ数 240, 8p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600193-3
NCID BA86485042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21469249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想