虚数の話

ポール・J.ナーイン 著 ; 久保儀明 訳 ; 好田順治 監修

数の宇宙に革命をもたらし、純粋数学から応用科学にいたるまで、あらゆる領域で力を発揮する不思議な数、〓(ルート)-1。数学における失われた環ともいえる虚数をめぐって、ついに書かれた驚異の数学史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 虚数の謎
  • 2 〓(ルート)-1を幾何学的に理解しようとする初めての試み
  • 3 謎の解明に向けて
  • 4 複素数の用途
  • 5 複素数のさらなる用途
  • 6 数学の鬼才たち
  • 7 19世紀、コーシー、複素関数論の始まり
  • 補遺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 虚数の話
著作者等 Nahin, Paul J.
久保 儀明
好田 順治
ナーイン ポール・J.
書名ヨミ キョスウ ノ ハナシ
書名別名 An imaginary tale
出版元 青土社
刊行年月 2008.8
版表示 新訳版.
ページ数 407p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6396-2
NCID BA8647874X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21554667
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想