英語コーパスと言語教育 : データとしてのテクスト

石川慎一郎 著

英語コーパスの系譜、コーパスの構築・分析技術、データの計量技法など、コーパスの基礎を徹底解説する第1部。その理解を活かすべく言語教育における言語・教材・学習者を対象としたコーパス研究事例を紹介する第2部。基礎と実践を結び、コーパス言語学の可能性を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 コーパス研究入門(コーパスとはなにか
  • コーパス研究の技術
  • コーパスと言語の計量)
  • 第2部 コーパスと言語教育(コーパスと言語研究
  • コーパスと教材研究
  • コーパスと学習者研究)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語コーパスと言語教育 : データとしてのテクスト
著作者等 石川 慎一郎
書名ヨミ エイゴ コーパス ト ゲンゴ キョウイク : データ ト シテ ノ テクスト
出版元 大修館書店
刊行年月 2008.7
ページ数 265p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-469-21321-8
NCID BA86460471
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21460225
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想