書を読んで羊を失う

鶴ヶ谷真一 著

和本に挟まれた一片の枯葉-。それは紙魚を防ぐものであるだけではなく、旧蔵者の溢れる蔵書愛を物語るものであった…。読書にまつわる様々な話を辿るうちに、人間と書物のつき合いという、魅惑のドラマが立ち上がってくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 枯葉
  • ページのめくり方、東西
  • 出会い
  • すれ違い
  • 唐代のミステリー
  • この親にして
  • 筆名と異名
  • 草木の名
  • 失われた本
  • 貨狄像
  • 黙読
  • 蔵書印
  • 本占い
  • 細部の効果
  • 記憶術
  • 儒者と怪談
  • 匂いガラス
  • 浮世ばなれ
  • 近視
  • 多読
  • 精読
  • 話の出どころ
  • 盲目
  • 夢中の詩句
  • 丘のうえの洋館-寺田寅彦
  • シンデレラの変貌
  • 記億違い
  • 木の橋の記憶

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書を読んで羊を失う
著作者等 鶴ヶ谷 真一
書名ヨミ ショ オ ヨンデ ヒツジ オ ウシナウ
シリーズ名 平凡社ライブラリー 644
出版元 平凡社
刊行年月 2008.7
版表示 増補
ページ数 250p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76644-8
NCID BA86459075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21475754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想