日本に古代はあったのか

井上章一 著

私たちの歴史観は、時代区分の位置づけにより大きく左右される。日本では明治以後、武家の台頭が中世の起点となるが、中国の中世は日本より数世紀先んじている。一方、西洋には古代がない国もある。ユーラシアの東端にある列島は世界史のなかにどう位置づけられるのか。律令制、荘園制、封建制など、さまざまな観点から時代の変わり目を考察し、従来の歴史観にとらわれず、ユーラシア史との関わりのなかで日本史に新たな光をあてる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 宮崎市定にさそわれて
  • 内藤湖南から脈々と
  • ソビエトの日本史とマルクス主義
  • 弥生に神殿はあったのか
  • キリスト教と、仏教と
  • 応仁の乱
  • 鎌倉時代はほんとうに鎌倉の時代だったのか
  • 江戸から明治の頼朝像
  • ゲルマニアになぞらえて
  • 平泉澄と石母田正
  • 東と西に歴史学
  • 京都からの中世史
  • ライシャワーの封建制
  • 司馬遼太郎よ、お前もか
  • 梅棹忠夫のユーラシア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本に古代はあったのか
著作者等 井上 章一
書名ヨミ ニホン ニ コダイ ワ アッタノカ
シリーズ名 角川選書 426
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2008.7
ページ数 307p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703426-6
NCID BA86446765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21458702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想